会社について

会社について

Message

社長メッセージ

1998年7月に創業したIBRは、家族の幸せを願って、三人の子供の名前から文字をとって社名としました。中国出身の私の幼い時期は、ちょうど中国の文化大革命の真っ最中でした。当時の中国は今と違って皆が貧しい生活を送っていました。小学校の入学式には母に補修してもらった背中の破れたTシャツを着て登校したことを昨日のことのように覚えています。「いつか家族を幸せにしてやりたい」と思い、1989年に日本に留学し、そして五年間の修業経て、1998年7月に創業しました。様々な失敗をしながら多くの方々に支えていただいて、何とかここまでやってこられた感じです。

そして、盛和塾にて京セラ創業者稲盛和夫氏の哲学を勉強する機会のご縁があってようやく「何のために事業をやっているのか」と考えるようになり、事業の「目的・意義」を見つめ直しました。私が尊敬する稲盛和夫氏は27歳の頃、自分の技術を世に問うために京都セラミックを創業しました。
稲盛氏は創業間もない時に、技術屋としてのロマンを捨て、会社の目的・意義を明確にし、企業の理念を「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」と決めました。50年以上経った今も変わっていません。盛和塾での学びによって、いかに自分の考えが非常に小さいかと気付きました。自分の家族の幸せの為に起業しましたが、一緒に働く従業員の幸せも叶えなかったなら本当の幸せと言えるでしょうか?一緒に働いているみんなのために私のできることは何でしょうか?ご縁があって一緒にIBRで働くことになった皆さんの幸せを追求することが私の使命ではないかと気付きました。

IBRで働いて良かったと思ってもらえるように日々行動しています。「全従業員の物心両面の幸福を追求し、社会の進歩発展に貢献すると同時に、自社の企業価値を高め続ける」という経営理念の元に仕事を通じてお客様の喜びと感動を追求し、常に自身の人格を高め、より良い幸せな人生を送るために、IBRの一人ひとりは、「動機善なりや私心なかりしか」を行動指針・判断基準として、人間としてなにが正しいかと考え、行動していただき、「事業の隆盛、人徳の和合」を目指す世の中に大きく貢献したいと思っております。

株式会社アイ・ビー・アール
株式会社アイ・ビー・アール/代表取締役 豊田力生

株式会社アイ・ビー・アール/代表取締役 豊田力生

Philosophy

経営理念

IBRは、全従業員の物心両面の幸福を追求し、
社会の進歩発展に貢献すると同時に、自社の企業価値を高め続ける

Purpose

事業の目的

事業の隆盛、人徳の和合
お客様の感動と喜びを追求し、三方よしの社会を目指す

Company profile

会社概要

商号 株式会社アイ・ ビー・アール
I.B.R CO.,LTD.
経営理念 IBRは、全従業員の物心両面の幸福を追求し、社会の進歩発展に貢献すると同時に自社の企業価値を高め続ける
事業目的 事業の隆盛、人徳の和合
お客様の感動と喜びを追求し、三方よしの社会を目指す
設立 1998年7月28日
本店住所 〒541-0059
大阪市中央区博労町2丁目6番7号大バスビル心斎橋8階
TEL: 06-6281-8088
FAX: 06-6281-8087
http://www.ibr.ne.jp
主要取引先 ネットショップ、専門店、アパレルメーカー、ホームセンターなど
資本金 6,000万円
代表取締役 豊田 力生
主要仕入先 中国各地生産工場
事業内容 ヤングレディス衣料と雑貨のOEM企画、生産
従業員数 正社員 14名
取引先銀行 三菱東京UFJ銀行 心斎橋支店
りそな銀行 船場支店
池田泉州銀行 本町支店
関西みらい銀行 大阪西支店
日本政策金融公庫 大阪支店
大阪シティ信用金庫 江戸堀支店
売上高 2016年12月期 7億8千万円
2017年12月期 11億7千万円
2018年12月期 9億2千万万円
2019年12月期 6億2千万円
2020年12月期 18億5千万円

History

沿革

株式会社アイ・ビー・アール/沿革 株式会社アイ・ビー・アール/沿革

Access

アクセス

交通機関最寄駅

  • 市営地下鉄 御堂筋線「心斎橋」1番出口徒歩7分
  • 市営地下鉄 御堂筋線「本町」12番出口徒歩7分
  • 市営地下鉄 中央線・堺筋線「堺筋本町」11番出口徒歩7分
  • 市営地下鉄 堺筋線「長堀橋」2-B番出口徒歩7分